システムメンテナンスによる
サービスの停止について

システムメンテナンスのため、2024年6月26日(水曜日)0時~2024年6月30日(日曜日)8時の間、電気・ガスのお手続きなどの各種お手続きがご利用いただけません。
また、2024年6月27日(木曜日)0時~2024年6月30日(日曜日)8時の間、WEB会員サービス「カテエネ」「ビジエネ」などの一部サービスがご利用いただけません。
お客さまには大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。詳しくはお知らせをご覧ください。

温室効果ガスの排出を実質ゼロにする
脱炭素社会の実現が目の前に迫っている今、
「脱炭素に取り組まなければならないが、
何からするべきかわからない
という悩みをお持ちではありませんか?

中部電力ミライズでは、長年培った
省エネルギー(以下、省エネ)
再生可能エネルギー(以下、再エネ)利用などの技術・知見を活用し、
多くのお客さまとともに脱炭素化を推進していきます。

エネルギーの脱炭素を実現するうえで
必要なことは次の3つ。
不要なエネルギー使用を削減する取り組みはもちろん、
エネルギー源の転換や工程の改善・抜本的な変更など、
エネルギー利用の高効率化を図る「省エネ」
太陽光発電を設置し、再エネの「追加性」に貢献する「創エネ」
そして、再エネの利用と同時に普及拡大にも取り組む「Green化」
これらの取り組みをお客さまに合わせて組み合わせ、ともに具体化し、
お客さまの脱炭素化を総合的にサポートします。

中部電力ミライズだからできる
脱炭素化に向けた3つのサポート

  • 省エネ

    エネルギーの使用量を減らすサポート

  • 創エネ

    自社再エネ創るサポート

  • Green化

    電力再エネ由来切り替えるサポート

省エネ

「エネルギーの利用方法を見直したい」
「省エネ・省CO2な製造ラインを実現したい」

脱炭素化を目指すにあたり、必ず取り組まなければならないエネルギー使用量の削減。中部電力ミライズでは、無駄な利用を減らす・止める施策はもちろん、生産工程の改善など、お客さまの業種や業態、ニーズに合ったエネルギーの使い方をご提案、ともに実現していきます。
既存技術では解決が難しい課題にも、お客さまの生産工程に入り込み、試行錯誤しながら解決策を検討、具体化します。エネルギー利用のノウハウを持つ中部電力ミライズならではの脱炭素化サービスです。

ミライズのソリューション

  • 生産工程の改善
  • 工場・事業所の省エネ・省CO2
  • 海外拠点の省エネ
詳しく見る

創エネ

「屋根や空き地を活用して太陽光発電を設置したい」
「長期に安定して再エネを調達したい」

脱炭素社会を目指すうえで、単に今ある再エネを活用するだけでなく、新たな再エネの「追加性」に貢献できる取り組みが注目されています。
お客さまの建物(屋根)や駐車場、同一敷地内空き地などに追加した太陽光発電を自家消費する「オンサイトPPA」をはじめ、遊休地などの離れた場所に追加した専用の発電所から再エネを調達する「オフサイトPPA」など、中部電力グループのリソースを活用して、お客さまの「追加性」のある取り組みをワンストップでサポートいたします。

ミライズのソリューション

  • 事業所敷地内での自家消費用太陽光発電
    (オンサイトPPA)
  • 敷地外の専用発電所からの電力調達
    (オフサイトPPA)
詳しく見る

Green化

「CO2フリーの電気を調達したい」
「再エネの地産地消を通じて地域に貢献したい」

中部電力ミライズが調達する再生可能エネルギー由来の電気などを、CO2フリーの電気「ミライズGreenでんき」としてお届けします。
「ミライズGreenでんき」のご契約を通じて、CO2フリーの電気をご利用いただくだけでなく、再エネの普及拡大にも貢献いただけます。
さらに再エネの地産地消・地域貢献にもつながる、地域産のCO2フリー電気もお届けします。

ミライズのソリューション

  • 中部電力ミライズのCO2フリー電気
    「ミライズGreenでんき」
  • 「ミライズGreenでんき」の見える化
    サービス「コツコツネット」
詳しく見る

TOYOTA GREEN CHARGE

EVの充電環境をワンストップでご提案。CO2フリー電気を使った電力プランもご用意しています。

詳しく見る
bg

ともに脱炭素化への
取り組み始めてみませんか?

中部電力ミライズは、お客さま・社会の脱炭素に向けた取り組みを総合的にサポートします。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

bg
ページトップへ