中部電力ミライズのPPAサービス

オンサイトPPA
屋根上や駐車場など、敷地内で太陽光発電設備が設置できる場所を最大限活用し、太陽光発電を設置。発電した再エネを自家消費することで、事業所で必要な電力の一部のCO2フリー化を実現します。
オフサイトPPA
お客さま敷地外に追加した専用の発電所から、電力系統設備を介して再エネをお届けします。遊休地などがない場合も、土地の調達からワンストップでサポートいたします。
いずれも初期費用負担なしで太陽光発電設備を設置し、中部電力グループで保守・資産管理をおこないます。
導入の検討ステップ
  • ステップ1
    事業所の敷地・屋根への「オンサイトPPA」の導入により、事業所で消費する系統電力自体を低減
  • ステップ2
    オンサイトの設置が難しい場合や、既に設置済みの場合は、さらに専用発電所由来の再エネを「オフサイトPPA」で調達
  • ステップ3
    不足分や、負荷追従分の電力は、「ミライズGreenでんき(CO2フリー電気)」を調達
中部電力ミライズのPPAサービス全体図
 

お客さまの目的・敷地状況に
合わせて選べる設置方式

 

オンサイトPPA事業所敷地内での
自家消費用太陽光発電

初期費用ゼロ、手軽に導入できる太陽光発電

屋根上や駐車場など、事業所敷地内に初期負担ゼロで太陽光発電設備を導入できます。設備メンテナンス(点検・緊急対応)も実施。自家消費量に応じた月々のサービス利用料のみで、安価にCO2フリー電気を利用でき、CO2排出量を削減することができます。

このようなニーズにお応えします
・再エネを導入したいが、初期費用がネックだ
・再エネに投資すべきとわかっているが、本業への投資も必要
オンサイトPPAイメージ
詳しく見る
オンサイトPPAのメリット
  1. メリット1

    環境価値の長期安定確保

    省エネ法に基づく原油換算量を低減、環境価値を安価に長期安定的に利用可能。

  2. メリット2

    将来的な電気料金の
    変動リスクも軽減

    長期間、安定的に再エネを利用できるため、電気料金の変動リスクを軽減。電気料金自体の低減やデマンド削減効果も見込むことができる。

  3. メリット3

    初期費用ゼロ

    実質的に追加費用ゼロで太陽光のCO2フリー電力を利用可能。

  4. メリット4

    太陽光パネルによる
    物理的なメリット

    太陽光パネルによる遮熱・断熱効果で省エネ効果、屋根の劣化低減。

  5. メリット5

    BCP対策に

    非常時の電源として活用可能。

 

オフサイトPPA敷地外の専用発電所からの電力調達

再エネ電源を「追加」し、自社の再エネ利用率を向上

敷地外に、初期費用ゼロでお客さま専用の再エネ発電所を建設。発電量・消費量に応じた月々のサービス利用料のみで、自社の再エネ電源を拡大することが可能です。土地探しから発電所の建設・所有や、保守・資産管理は中部電力グループで対応します。

このようなニーズにお応えします
・省エネやオンサイトPPAだけでは、CO2削減の目標数値を達成できない。
・環境価値を長期で安定して確保したい。
・新規の専用電源から調達したいが、レピュテーションリスク(注1)が気になる。
・対外的に「追加性」のある再エネ調達活動をPRしたい。
オフサイトPPAイメージ
オフサイトPPAの概要
オフサイトPPA概要図
オフサイトPPAのメリット
  1. メリット1

    RE100対応

    調達した電気は、CO2排出係数をゼロとしてCO2排出量を算定(注2)可能。温対法、RE100に対応しています。

  2. メリット2

    環境価値の長期安定確保

    長期間、安定的に再エネを利用できるため、環境価値や電気料金の変動リスクを軽減。

  3. メリット3

    レピュテーションリスク
    (注1)の軽減

    当社が協業するグループ会社を中心とした信頼性の高い発電事業者が電源を確保することで、レピュテーションリスク(注1)を低減します。

  4. メリット4

    対外PR

    「追加性」のある専用発電所として、再エネ調達を対外的なPRに活用可能。

(注1)災害などによるブランド棄損など。

(注2)「地球温暖化対策の推進に関する法律」の「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」に基づき算定します。

ページトップへ