要素技術紹介

当社では、「蒸気」や「泡」を活用した効果的な洗浄システムを提供します。

過熱水蒸気洗浄

原理

過熱水蒸気洗浄では、加工油などの脱脂洗浄や、金型などに付着した固形異物、汚れの洗浄をターゲットにしています。過熱水蒸気として、150~350℃程度の温度帯で活用し、汚れの種類によって適正な温度は変わります。
過熱水蒸気の潜熱と衝突スピードの相乗効果によって、油や汚れを吹き飛ばし洗浄し、洗浄後の水残りもかなり少なくすることができます。また、蒸気であるため、使用する水量も少ないのが特徴です。

ここがポイント!

温度を安定化させて過熱水蒸気洗浄

通常の蒸気洗浄では、ノズルから噴射されると温度は急速に下がり、製品に当たる前に水に戻ることもあります。過熱水蒸気洗浄では、温度を安定化させ、ワークに到達するときの過熱水蒸気温度を適正にすることで、効果的に洗浄を行います。

中部電力ミライズでできること

当社では開発した可搬型過熱水蒸気式洗浄装置を用い、さまざまな洗浄試験を実施することができます。ノズル形状、ノズルレイアウトを設計試作し、要求されるタクトを実現すべく、洗浄方法を検討いたします。

試験装置例

試験装置 特徴
過熱水蒸気式洗浄装置 最大蒸気量50kg/hの蒸気を150~400℃まで可能

試験の様子

スチームパワークリーナー

開発事例

可搬型過熱水蒸気式洗浄装置「スチームパワークリーナ」

薄板洗浄装置「スチームアクアジェット」

導入事例

CONTACT

お気軽にお問い合わせ下さい。