• TOP
  • お知らせ
  • 中部電力グループ初の地熱発電事業について

お知らせ

中部電力グループ初の地熱発電事業について

2020年05月13日

東芝エネルギーシステムズ株式会社と中部電力ミライズ株式会社100%子会社である株式会社シーエナジー(以下、「シーエナジー」)が共同で出資している中尾地熱発電株式会社(以下、「中尾地熱発電」)は、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾地区において、「(仮称)中尾地熱発電所」の建設を決定いたしました。

なお、本件は中部電力グループにとって初の地熱発電事業となります。

奥飛騨温泉郷中尾地区は、源泉の蒸気量が豊富かつ高温であり地熱発電に適した地域です。中尾地熱発電では、温泉地域と共生した地熱エネルギーの活用を目指して、設立以来、地熱資源ならびに周辺環境の調査、地熱発電の事業性の評価を行ってきました。このたび、事業化の目処が立ったことから、地熱発電所の建設を正式に決定し、2020年9月から建設工事開始を予定しております。

シーエナジーは、中部電力グループの一員として、太陽光、地熱、小水力、バイオマスなど環境にやさしい再生可能な未利用エネルギーを活用する事業を積極的に展開しています。

今後も、中部電力グループは、低炭素社会の実現に貢献し、お客さま・社会からの信頼と期待に応え、選ばれ続ける「一歩先を行く総合エネルギー企業グループ」を目指してまいります。