システムメンテナンスによる
サービスの停止について

システムメンテナンスのため、2024年6月26日(水曜日)0時~2024年6月30日(日曜日)8時の間、電気・ガスのお手続きなどの各種お手続きがご利用いただけません。
また、2024年6月27日(木曜日)0時~2024年6月30日(日曜日)8時の間、WEB会員サービス「カテエネ」「ビジエネ」などの一部サービスがご利用いただけません。
お客さまには大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。詳しくはお知らせをご覧ください。

  • TOP
  • プレスリリース
  • 公正取引委員会からの中部地区における大口需要家向け都市ガス供給に関する排除措置命令および課徴金納付命令等の受領に係る元取締役に対する責任追及の訴えの提起などについて
プレスリリース アイコンプレスリリース

公正取引委員会からの中部地区における大口需要家向け都市ガス供給に関する排除措置命令および課徴金納付命令等の受領に係る元取締役に対する責任追及の訴えの提起などについて

2024年05月28日

中部電力株式会社
中部電力ミライズ株式会社

2024年3月4日、中部地区における大口需要家向け都市ガス供給に関して、中部電力株式会社(代表取締役社長:林 欣吾、以下「中部電力」)は独占禁止法に基づく課徴金納付命令を、中部電力ミライズ株式会社(代表取締役:神谷 泰範、以下「中部電力ミライズ」)は独占禁止法に基づく排除措置命令および課徴金納付命令等を、公正取引委員会からそれぞれ受けました。(同日お知らせ済み。以下「本件」

中部電力および中部電力ミライズ(以下「両社」)の監査役は、本件に係る両社の現取締役および元取締役(以下「調査対象取締役」)に対する責任追及の必要性について、本件に係る調査対象取締役とは利害関係のない外部法律事務所に調査を委託し、その結果を両社の監査役会などにて精査し、対応を検討してまいりました。

本日、中部電力の全監査役は、調査対象取締役のうち、元取締役1名に対し、本件に関する任務懈怠があったとして、以下のとおり、責任追及の訴えを提起することを決定しました(詳細は、別紙「監査役における検討結果」)。

元取締役の氏名: 清水 成信 氏
損害賠償請求額: 金 70百万円程度

また、両社は、本件に関して受注調整が疑われる行為を実施していたことが確認された役職員2名に対する対応を検討してまいりました。
検討の結果、両社は、当該役職員2名に対し、それぞれ損害賠償請求をおこなっていくとともに、中部電力ミライズは、当該役職員の内1名に対し、社内規程に則り厳正に処分しました。

今後、二度と独占禁止法違反事案を起こさず、またそのような疑いを持たれることがないよう、コンプライアンスの更なる徹底に努めてまいります。

以上

ページトップへ