システムメンテナンスによる
サービスの停止について

システムメンテナンスのため、2024年6月26日(水曜日)0時~2024年6月30日(日曜日)8時の間、電気・ガスのお手続きなどの各種お手続きがご利用いただけません。
また、2024年6月27日(木曜日)0時~2024年6月30日(日曜日)8時の間、WEB会員サービス「カテエネ」「ビジエネ」などの一部サービスがご利用いただけません。
お客さまには大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。詳しくはお知らせをご覧ください。

  • TOP
  • プレスリリース
  • 長野県内の再生可能エネルギーの拡大に向けた長野県および県内企業7社によるプロジェクトの開始~「信州Green電源拡大プロジェクト第2弾」を通じて特定の発電所の開発を支援~
プレスリリース アイコンプレスリリース

長野県内の再生可能エネルギーの拡大に向けた長野県および県内企業7社によるプロジェクトの開始~「信州Green電源拡大プロジェクト第2弾」を通じて特定の発電所の開発を支援~

2023年11月20日

キッセイ薬品工業株式会社
株式会社キッツ
KOA株式会社
セイコーエプソン株式会社
株式会社八十二銀行
株式会社ユウワ
長野県企業局
中部電力ミライズ株式会社

キッセイ薬品工業株式会社(以下「キッセイ薬品」)、株式会社キッツ(以下「キッツ」)、KOA株式会社(以下「KOA」)、セイコーエプソン株式会社(以下「エプソン」)、株式会社八十二銀行(以下「八十二銀行」)、株式会社ユウワ(以下「ユウワ」)、長野県企業局、中部電力ミライズ株式会社(以下「中部電力ミライズ」)の8者は、本日、長野県内の再生可能エネルギー電源の拡充を目的としたプロジェクトの開始について、協定書を締結いたしました。

エプソン、長野県企業局および、中部電力ミライズの3者は、2021年5月に「信州Green電源拡大プロジェクト(注1)」を開始し、エプソンが利用した長野県産のCO2フリー電気(注2)の料金の一部を、長野県企業局や中部電力グループによる水力発電所の開発に活用してまいりました。

(注1)一般財団法人新エネルギー財団が選定する「令和4年度新エネ大賞」において、「新エネルギー財団会長賞」を受賞

(注2)中部電力ミライズが「信州Greenでんき」として販売。

本日より開始するプロジェクトは、「信州Green電源拡大プロジェクト」の第2弾として、新たに5社の県内企業を加え、長野県内での水力発電所の開発をさらに拡充させていくものです。
水力発電を始めとする再生可能エネルギーは、政府の目指す2050年カーボンニュートラルの達成に向け、導入量の拡大が不可欠であるとともに、環境に配慮した経営を重視する企業を中心に、需要が高まっております。

今回のプロジェクトでは、キッセイ薬品、キッツ、KOA、エプソン、八十二銀行、ユウワの6社が利用した「信州Greenでんき」の購入費用の一部を、長野県企業局の「湯の瀬いとおしき発電所(長野市)」の建設、および中部電力株式会社が保有する「二股水力発電所(北安曇郡白馬村)」の改修に活用いたします。これにより、長野県内の再生可能エネルギーを、合計で約2,600kW(想定年間電力量約1,600万kWh)増加させることが可能となります。今回のプロジェクトを通じて、電気のバリューチェーンを構成する発電事業者、小売事業者、利用者の3者が連携し、水力発電所の拡大に必要となる資金を安定的に確保することで、対象となる発電所の開発・改修などを直接支援してまいります。

8者は、今後も、長野県内における再生可能エネルギーのさらなる拡大と「地産地消」を推進することにより、脱炭素社会の実現と地域社会の発展に貢献してまいります。

プロジェクトにおける各者の参画理由・役割

  • キッセイ薬品、キッツ、KOA、エプソン、八十二銀行、ユウワ
    「信州Greenでんき」の購入を通じ、自社のCO2排出量の削減と、長野県の再生可能エネルギー電源の拡大に貢献する。また事業所の創エネや省エネを積極的に推進していく。
  • 長野県企業局
    「信州Greenでんき」の利用拡大につながるよう、本プロジェクトを通じて拠出される資金を活用し、長野県企業局の再生可能エネルギー電源の開発を推進していく。
  • 中部電力ミライズ
    「信州Greenでんき」の普及と、その売上の一部を、中部電力グループや長野県企業局の電源事業者を通じて、長野県の再生可能エネルギー電源の拡大に活用していく。またお客さまの創エネや省エネに積極的に協力していく。

参考

以上

ページトップへ