• TOP
  • プレスリリース
  • 静岡県の脱炭素化へ向け、県産CO2フリー電気「静岡Greenでんき」の提供を開始 ~静岡県内の脱炭素を先導する企業さま6社が導入~
プレスリリース アイコンプレスリリース

静岡県の脱炭素化へ向け、県産CO2フリー電気「静岡Greenでんき」の提供を開始 ~静岡県内の脱炭素を先導する企業さま6社が導入~

2021年08月31日

中部電力ミライズ株式会社

静岡Greenでんき
静岡Greenでんき

当社は、9月1日より、静岡県産CO2フリー電気「静岡Greenでんき」の提供を開始いたします。

「静岡Greenでんき」は、静岡県内に立地する大井川・天竜川・富士川・安倍川の各水系にある水力発電所の再生可能エネルギー由来の環境価値を活用し、静岡県産のCO2排出量ゼロの電気として、同県内(富士川以西)を中心とした法人のお客さまに供給するものです。
本メニューは、国際的な各種環境イニシアティブへの対応が強く求められる昨今、CO2フリー等の環境価値に加えて、電源の種別や産地を特定してお客さまへ電力を供給するチャレンジであり、静岡県内の電力の地産地消化や、地産再生可能エネルギー活用によるお客さまの企業価値向上に貢献します。

また、本メニューの提供開始にあたり、静岡県内に拠点を置き、国内外で活躍され、脱炭素へ向けて先導的な取り組みを進められている株式会社静岡銀行さま、静岡鉄道株式会社さま、浜松ホトニクス株式会社さま、焼津冷凍グループ株式会社グリーンテックさま、ヤマハ株式会社さま、株式会社ユニバンスさまに導入いただくことが決定しております。
エネルギーの供給者である当社と、エネルギーの利用者であるお客さまとが連携し、静岡県産再生可能エネルギーの価値向上を図ることで、同県内の再生可能エネルギー電源の開発を促進し、静岡県が発信する『2050年温室効果ガス排出量実質ゼロ表明』への貢献を目指します。

当社は、エネルギーの脱炭素化に向けて、エネルギー利用の効率化を図る「省エネ」、屋根や駐車場スペース等を活用してお客さま自ら発電を行う「創エネ」、そして本取り組みのような、再生可能エネルギー由来の電気をお届けする「エネルギーのGreen化」等の新たなチャレンジを通じて、お客さまの脱炭素活動を総合支援するとともに、再生可能エネルギー活用によるお客さまの企業価値向上を支援してまいります。

以上