• TOP
  • プレスリリース
  • CO2フリー電気に係る情報を一元管理するシステム「コツコツネット」の開発について ~多様化するお客さまの脱炭素に関するニーズにお応えします~

プレスリリース

CO2フリー電気に係る情報を一元管理するシステム「コツコツネット」の開発について ~多様化するお客さまの脱炭素に関するニーズにお応えします~

2021年03月31日

中部電力ミライズ株式会社

当社は、このたび、法人のお客さまの脱炭素経営を支援するために、再生可能エネルギー発電の環境価値(注1)を付加してお届けする「CO2フリー電気」の「環境価値」について、「どこ由来のものを・どれだけの量を・いつ・どこの場所へ」お送りしているかを一元的に管理するシステム「コツコツ(CO2CO2)ネット」を開発しました。
4月より、お客さまの脱炭素化をお手伝いするサービスに本システムを活用します。

当社は現在、CO2フリー価値付きの電気料金メニューとして「CO2フリーメニュー」や長野県の水力発電等でつくられた「信州Greenでんき」を提供(注2)しておりますが、近年、法人のお客さまから、「発電方法や産地が特定された環境価値を付加したCO2フリー電気を届けてほしい」「電気の使用量に応じた割合の環境価値が欲しい」「複数の事業場のCO2フリー電気の日別・時間帯別の使用状況を一元的に『見える化』してほしい」等のご要望を頂いており、システム開発を進めてきました。
昨年からは、一部の法人のお客さまのご協力を得ながら試行的な運用を開始しており、このたび本格運用を開始できることとなりました。本システムを活用することで、上記をはじめとする様々なニーズにお応えすることが可能となります。

「コツコツ(CO2CO2)ネット」ロゴ

<具体的な活用例>

  • トヨタ自動車株式会社さま
    大口第2部品センター(愛知県丹羽郡大口町)および上郷物流センター(愛知県豊田市)において、自社の太陽光発電設備で発電した余剰電力の環境価値を別の事業場に融通する取組みにご活用いただきます。
  • セイコーエプソン株式会社さま
    「信州Greenでんき」を複数の事業場で採用いただいており、各事業場のCO2フリー電気の日別ご使用実績等を一元的にご確認いただくために、ご活用いただきます。

また、本システムは、ますます多様化されるお客さまのニーズにお応えできるよう改良を続け、今後、再生可能エネルギー電気の変動時や電力需給ひっ迫時等に、お客さまに電力使用量を調整いただくデマンドレスポンスサービス等にも拡張していく予定です。
当社は、今後も、CO2フリー電気のみならず脱炭素社会の実現に向けた取り組みをより一層推進してまいります。

(注1)「地球温暖化対策の推進に関する法律」(温対法)においてCO2排出係数をゼロとして算定いただくことができる価値

(注2)国際環境イニシアティブであるRE100・CDP・SBTに適用可能と見解が示されている方法でお送りいたします。

以 上