• TOP
  • プレスリリース
  • 令和2年12月16日からの大雪により被災されたお客さまに対する電気料金等の特別措置について
プレスリリース アイコンプレスリリース

令和2年12月16日からの大雪により被災されたお客さまに対する電気料金等の特別措置について

2020年12月23日

中部電力ミライズ株式会社

このたびの大雪災害により被災されたお客さまに、心からお見舞い申しあげます。
当社は、令和2年12月16日からの大雪の影響により、災害救助法が適用された地域に隣接する地域において、電気料金等の特別措置の適用を行うことといたしました。
対象となる地域において、被災されたお客さまからのお申し出に応じて適用させていただきます。

1 適用対象(2020年12月22日時点)
災害救助法が適用された地域に隣接する長野県下水内郡栄村の被災されたお客さま

2 特別措置の内容

(1)電気料金の支払期日の1か月間延長
2020年11月分(災害救助法の適用日以降に支払期日(検針日の翌日から30日目)を迎えるものに限る)、12月分、2021年1月分および2月分の電気料金を対象として支払期日をそれぞれ1か月間延長いたします。

(2)不使用月の電気料金の免除
被災時から継続して電気を使用していない場合は、被災日が属する月分の次の月分の電気料金から6か月間に限り、電気料金を申し受けません。

(3)被災により使用できなくなった設備の基本料金免除
被災により一時使用不能となった電気設備について、2021年6月末日までの間は、その使用不能設備分の基本料金を申し受けません。

(4)工事費負担金等相当額の免除
中部電力パワーグリッド株式会社が当該大雪災害に対して実施する、託送料金等の特別措置における「工事費負担金等の免除」または「臨時工事費の免除」の適用基準に該当する場合は、工事費負担金等相当額を申し受けません。


これらの特別措置の適用を希望されるお客さまは、下記の担当窓口までお問い合わせください。
<お問い合わせ>
中部電力ミライズ株式会社 カスタマーセンター TEL:0120-921-697

受付時間:9時~17時(年末年始(12月29日~1月3日)、土曜・日曜・祝日は除く)


以上