• TOP
  • プレスリリース
  • 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた「テレワーク教育支援サービス」の提供開始について ~在宅勤務体制を敷いている企業のみなさまのオンライン環境下での教育をサポートします~

プレスリリース

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた「テレワーク教育支援サービス」の提供開始について ~在宅勤務体制を敷いている企業のみなさまのオンライン環境下での教育をサポートします~

2020年05月11日

当社は、本日より、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため在宅勤務体制を敷いている企業などを主な対象として、オンライン環境下で省エネ対策等について学習いただけるテレワーク教育支援サービス(以下、「本サービス」)の提供を開始します。

本サービスは、当社がビジネス向けWEBサイト「ビジエネ」※1に、企業活動に役立つ教育コンテンツを掲載するもので、企業の従業員のみなさまは、教育コンテンツを活用し、無料で講義を受けていただけます。
また、本サービスにおける受講結果は、厚生労働省が支給する雇用調整助成金※2の教育訓練加算申請に活用することができます。

教育コンテンツは、大型ショッピングモール等の「業務用大規模施設向け」、スーパー・事務所等の「業務用中小規模施設向け」、「工場向け」の3種類を用意しております。
また、今後、省エネ対策以外の教材についても順次追加してまいります。

当社は、今後も、新型コロナウイルス感染症の拡大で影響を受けるお客さまのニーズに寄り添う新たなサービスの提供に努めてまいります。


※1 ビジエネ:
料金・使用量照会や省エネ、販売促進、防災・防犯など、ビジネスにおけ る課題解決をサポートするサービスを提供している法人向けのWEBサー ビス。
https://bizene.chuden.jp/

※2 雇用調整助成金:
厚生労働省が実施する助成制度。経済上の理由により、事業活動の縮小を 余儀なくされた事業主が雇用の維持を図るための休業手当に要した費用 を助成する。本制度には教育訓練加算(1人1日あたり最大で中小企業2,400円、大企業1,800円)があり、新型コロナ感染対策支援の特例措置として2020年6月30日まで遠隔での教育訓練も対象となる。

別紙:「テレワーク教育支援サービス」の概要

以上



別紙

「テレワーク教育支援サービス」の概要

1 サービスの概要

                                
対象企業の従業員さま向けの内容ですが、どなたでも受講が可能です。
内容
  • 以下URLより受講する教材を選択します。
    https://www.chuden.jp/a/sys/Inquiry_17848/21436_portal/index.html
  • 解説動画を見ながら学習します。
  • 教材学習後、確認テストを受けます。
  • 確認テストで6割以上正答の場合は、受講証明書を登録のメールアドレスへ送付します。
       
提供期間2020年5月11日(月)から2020年6月30日(火)まで

2 教材の概要

(1)業務用大規模施設向け
                                         
対象大型ショッピングモール、オフィスビルディングなどのお客さま向け
内容

以下設備の省エネ対策

空調設備、冷蔵冷凍設備、照明設備、受変電設備、コンセント、給湯・衛生設備、一般電力設備など

受講時間約3時間
(2)業務用中小規模施設向け
                                         
対象スーパー、中小規模小売店舗、事務所、飲食店などのお客さま向け
内容

以下設備の省エネ対策

空調設備、冷蔵冷凍設備、照明設備、受変電設備、コンセント、給湯・衛生設備、一般電力設備など

受講時間約3時間
(3)工場向け
                                         
対象製造業のお客さま向け
内容

以下設備の省エネ対策

空調設備、冷蔵冷凍設備、圧縮空気設備、生産設備、照明設備、受変電設備、コンセント、給湯・衛生設備、一般電力設備、排水処理設備など

受講時間約3時間

以上