三重県内の美しい水資源1
三重県内の美しい水資源2 三重県内の美しい水資源

地球にやさしく、未来をあかるく「三重 美し国 Greenでんき」 地球にやさしく、未来をあかるく「三重 美し国 Greenでんき」

三重県で生まれたCO2フリー電気で脱炭素化。
清流宮川や銚子川、歴史に育まれた櫛田川。三重県内の美しい水資源から生まれた地球にやさしい電気を「三重 美し国 Greenでんき」としてお届けします。
CO2排出係数をゼロに

CO2排出係数をゼロに

お客さまは、「三重 美し国 Greenでんき」をご購入いただいた量に応じて、CO2排出係数をゼロにてCO2排出量を算定(注)いただけます。RE100をはじめとした、お客さまの脱炭素に向けた取り組みにも、ご活用いただけます。

(注)「地球温暖化対策の推進に関する法律」の「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」に基づき算定します。

三重県産CO2フリー価値の活用と、再エネ電源の拡大

三重県産CO2フリー価値の活用と、再エネ電源の拡大

本プランは、電気料金のお支払いを通じて三重県内の再エネ開発等を応援、ご支援いただけます。

地域内の経済循環

三重県産CO2フリー価値の活用と、再エネ電源の拡大

電力の地産地消化を通じて、地域内の経済循環が期待できます。

(注)「地球温暖化対策の推進に関する法律」の「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」に基づき算定します。

地域の再生可能エネルギー普及拡大と経済の地域循環の図1 地域の再生可能エネルギー普及拡大と経済の地域循環の図1

地域の再生可能エネルギー普及拡大と経済の地域循環へ 地域の再生可能エネルギー普及拡大と経済の地域循環へ

地域の再生可能エネルギー普及拡大と経済の地域循環の図2 地域の再生可能エネルギー普及拡大と経済の地域循環の図2

「ミッションゼロ2050みえ」に向けて

三重県は、「ミッションゼロ2050みえ〜脱炭素社会の実現を目指して〜」を宣言され、「三重県産再エネ利用促進事業」を展開されています。
「三重 美し国 Greenでんき」は、本事業に登録しており、お客さまは電気料金のお支払いを通じて 「ミッションゼロ2050みえ」の実現に貢献していただくことができます。重県産再エネ電⼒の需給契約を締結し、県に利⽤報告を⾏った県内事業者さま等に、県から認定証が贈呈されます。
利⽤する県内事業者さま等の取組への思いとともに、利⽤した感想や顧客・取引先の反応などをホームページ、セミナー等で公表、周知いただきます。

ミッションゼロ2050みえ

新規再エネ開発は、本プロジェクトにご支援いただいている企業さまに支えらえています。

ご採用事例

株式会社百五銀行さま

同プラン第1号として岩田本店棟で活用しています。これにより、年間約761tのCO2排出量削減につなげます。また、自社のCO2フリー化だけでなく宮川第三水力発電所の改修支援等の再エネ電源の維持・拡大の直接的な支援にも取り組みます。

株式会社宝輪さま

(株)宝輪は運送業を中心に不動産賃貸業のほか多角的に事業展開しています。2018年に所有建物2棟をZEB化。今般、所有テナントビルの共用部電力に本電力を使用することにしました。脱炭素推進室を中心に三重県の温暖化対策に貢献します。

河村産業株式会社さま

三重県に本社を構える会社として同県の再エネ普及に貢献出来ることに喜びを感じております。
本電力は四日市・本社工場で使用させていただきます。
今後も低炭素電源や地産電源を活用し、環境負荷軽減に向けた取り組みを行ってまいります。

日本トランスシティ株式会社さま

バイオマス燃料専用保管施設の霞バイオマスセンターにおいてCO2フリー電気の調達を行うことで、年間約71トンのCO2排出量削減につなげます。
また、電気料金の一部が三重県内の再エネ電源の維持・拡大に活用される本取組みにより生まれた再エネの利用拡大を推進していきます。

エバ工業株式会社さま

三重県で営業を営む当社としまして「三重県産CO2フリー電気」を用いて工作機械周辺機器や自動車部品を製造し、脱炭素化に取り組むとともに、県内の地域振興に貢献して参ります。

三重交通株式会社さま

三重交通(株)は、脱炭素化の推進のため、伊勢営業所で運行する電気バス(通称:ポケモン電気バス)の使用電力を再生可能エネルギー(CO2フリー電気)に置き換え、CO2フリー化や地産地消を進めてまいります。

株式会社グリーンズさま

株式会社グリーンズは、当社が運営するコンフォートホテル鈴鹿にて「三重美し国Greenでんき」を導入し、年間約113トンのCO2排出量削減につなげます。当社のCSR活動における重点課題のひとつである「環境配慮」の取り組みを今後も推進してまいります。

宮川第三発電所

宮川第三発電所

大台ケ原山に源を発し、伊勢湾に流れ込む、清流宮川。
宮川の豊富な水資源を活かして、電気を生み出しているのが、宮川第三発電所です。

三重県が開発し、1962年に運用開始した発電所を、中部電力が譲り受け、現在まで運転を続けています。

老朽化の進む水車や発電機の取り替え工事を行うことで、年間発電量を2.4%程度、増やし、約16,400世帯分の再エネ電気を発電します。(改修予定2023年10月)

お気軽にご相談、お問い合わせください

ページトップへ