電気料金の計算方法

電気料金は、「基本料金」と「電力量料金」の合計額に、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」を加えたものです。

電気料金の計算式

(注)基本料金単価、電力量料金単価、再生可能エネルギー発電促進賦課金単価には、消費税等相当額を含んでおります。

契約電力(契約電力が500kW未満のお客さま)

実量制に基づき契約電力を決定します。
実量制とは、基本料金の算定根拠となる契約電力を、メーターで測定した過去1年間(そのひと月と前11ヶ月)の最大需要電力により決定する契約方法をいいます。
この契約方法は、お客さまが実際にご使用になった1年間の実績をもとに契約電力を決定するため、公平で合理的な制度です。

ご使用開始から1年以内の場合は、当月の最大需電力により契約電力を決定。1年以上の場合は、過去1年間の各月の最大需要電力により契約電力を決定します。

力率割引・割増し

力率とは、お届けした電力のうち、有効に使用された電力の割合をいい、メーターで測定した昼間時間帯(8時~22時)の有効電力量と無効電力量により、各月ごとに決定します。
お客さまの力率が85%を上回る場合は、上回る1%につき基本料金を1%割引します。一方、85%を下回る場合は、下回る1%につき基本料金を1%割増しします。

【計算式】力率(%)は、「有効電力量」割る、ルート「有効電力量の2乗」プラス「無効電力量の2乗」【計算式】力率(%)は、「有効電力量」割る、ルート「有効電力量の2乗」プラス「無効電力量の2乗」
事務所・ビル・店舗などのお客さま向けの電気のご契約について
電気料金のしくみ
  • 電気料金の計算方法